ソーシャルアクション基金

日光杉並木、田原真人さんとの対話の道歩き

「太陽のもとのてらこや」最終日の特別講演は、田原真人さんにお話いただきました。


当日、今市宿をスタートする朝から、田原さんには参加者の皆さんと共に杉並木を歩いていただき、ゴール後の東照宮の中も一緒に巡っていく、という大変貴重な対話の行程となりました。

日光東照宮の中を巡り特別祈祷を受けたあとの澄んだ空気感の中、シンと静まる客殿で、田原さんの講演が始まりました。

まず投げかけられたのは、「状況(環境)→からだ(身体性)→あたま(思考)」という視点。
”思考した上で行動し物事の状況をつくっていく”という、現代社会では無意識に当たり前となっているわたしたちの動きかたを取り上げ、それによるさまざまな行き詰まり(イノベーションが起きづらい等)に気づいて来たいま、改めて、「状況が変わるとわたしたちも変わる」という点に立ち、新しい生きかたや働きかた、学びかたを探求してみよう、という点でした。


例えば、東照宮に刻まれている数々の装飾はわたしたちの目を惹きつけますが、それらは職人たちの営みの痕跡であり、そのような時間や文化が凝縮された場が、日光東照宮でもあります。
また、人が東照宮を目指して歩く営みの痕跡として、日光街道という道・環境ができたわけですが、わたしたちもその道を毎年歩き続けるという身体性ある営みを重ねながら、街道沿いの地域の文化や歴史・風土がもつ物語に心惹かれ、人とつながり、「太陽のもとのてらこや」という活動が形づくられてきました。


これらは決して綿密に設計・計画されたわけではなく、非効率だけれども生命的な営みの蓄積でもあり、田原さんはそれを「アリの巣的な営み」とおっしゃいます。

アリの巣的な営みは、そこに参加する、そこで暮らす、そこで働く、というように、からだを動かし体感しながら徐々に形づくられていくものです。そのため、個々の接点を通じてコミュニケーションが必要になり、一つのパターン・こたえとして画一的に展開していけるものではありません。


わたしたちは近代社会において、しっかりと計画を立て綿密な設計どおりに動かすことで状況が変わり新たな価値を生み出せると捉え、動かすために外発的な要因(報酬等)をエンジンに仕立てようとしてきました。日頃わたしたちが取り組む評価制度などは、その最たるものかもしれません。
しかし、そのような設計主義が過ぎることで、強制力が働いて負荷・ひずみが生じ、例えば職場であれば、メンタルヘルスやハラスメントの問題などが生じるようになったとも言えます。


アリの巣的な、生命体としての状況の中で暮らしたり働いたりしていくことは、非効率ではあるものの多様な物語が立ち上がりやすく、個々の特性が活かされコミュニティにおける自らの役割を認識することができると言います。それが、居場所感・愛着心・つながり意識といったESの状態を高め、個々の内発的なエンジンとしても作用するわけです。
企業の組織も、わたしたちのようなコミュニティの活動も、”しっかり考え綿密に設計する”ところから少し離れて、ご縁のある地域や愛着ある場の中に身を置いてみて、「状況(環境)→からだ(身体性)→あたま(思考)」という流れで営みを積み重ねてみることが、これからの社会を個としてしなやかに歩んでいく道筋になるのだと言えます。

杉並木から東照宮までの対話の道のりで、参加者からは、まちや職場が抱える問題や就職活動の悩みなど、さまざまな課題が投げかけられました。


しかし、田原さん曰く「課題がみえている、というのは、望まれている、ということでもある」と。
そこに身を置き、その状況の中でからだを動かしてみたことで、観えた世界や感じたことがあるからこそ、自らの役割や進みたい方向性が実感できるわけで、そのような個としてのおもいを基点に動いてみる、ということを大切にしていければ良いのではないかと思いました。

わたしたちの活動の意義を捉え直ししながら、この社会を生きる一人ひとりとしてのあり方を見つめ直す、まさに「enearth(掘り起こす)」の学びの機会となりました。
ありがとうございました。

 

ナスコンバレーに学ぶ いろどり豊かな共創のまちづくりとは

栃木県の那須地域を舞台に、イノベーションを社会実装する場として2021年にスタートしたこころみ「ナスコンバレー」。ウェルビーイングを社会課題として取り上げ、物流、医療、教育などさまざまな分野において最先端の技術を実証し、これからの社会で展開していくことを意図して生まれました。
那須の豊かな自然のもと、国内最大規模のリビングラボとして動き出したナスコンバレーには、多様な専門分野をもった企業や行政、教育機関、そして地域で暮らす人たちといったさまざまな存在が集っています。その土台には「対話」があり、多様な存在の共創を後押しするインタープレナーも介在しながら、地域の未来像を描いていると言います。
地域に根差した”暮らすとはたらく”の新しいかたちの実践によって、どのような価値が生まれ、社会に循環していくのか。今回の「秋のてらこや」では、ナスコンバレーが生まれた背景や那須地域で目指す姿、リビングラボを動かしていく要点などをお伺いし、日光街道をはじめとするさまざまな地域を基点にどのような社会の未来像を描けるのか、皆さんと考えていきたいと思います。

<セミナー概要>  

●日時:2022年11月5日(土)10:30~12:15

●オンライン開催

●プログラム
・開会あいさつ
・八木澤玲玖さん 基調講演
・対談 / 質疑応答
・閉会あいさつ

●受講料:一般 2,000円/学生 1,000円
*本オンラインセミナーは、ドネーションチケットの形をとらせていただいております。皆さまの参加費の一部は、日光街道沿いの地域の子どもたちのはたらくワクワクを育むお仕事体験「はたラボ」の運営費および学生のセミナー受講代に充てさせていただきます。
Good Job アクション!
https://hataraku.jinji-es.com/goodjob/action.html

<ゲスト プロフィール>

●八木澤 玲玖(やぎさわ れく)さん
1999年7月那須塩原市で生まれる。南小学校、西那須野中学校、黒磯高校を経て東洋大学国際観光学部卒業。2017年、高校3年時に株式会社那須旅を設立。代表取締役社長就任。当時17歳の高校生社長として様々なメディアに取り上げられ注目される。生まれ故郷である那須地域の発展のためエネルギー溢れる若者として活動中。観光のみならず、教育・政治・環境・福祉の分野でも活動を広げる。栃木県のエネルギー溢れる若者が集まった若者団体みらとちを設立。同代表。一般社団法人生徒会活動支援協会理事。100個の新産業創造を掲げるSUNDRED株式会社にて、地方の課題解決に向けたリビングラボ形成をリード。一般社団法人ナスコンバレー協議会事務局。

●矢尾板 初美(やおいた はつみ)さん
明治学院大学国際学部を卒業後、総合物流会社を経て、行政書士として独立。開業以来、物流業に関するご依頼を受ける他、大手電気通信企業が展開する働き方改革PJの事務局サポートや多様な法人の設立支援を行っている。はたらくカタチが多様化する近年は、業務委託契約書や在宅勤務規程等の作成の他、クラウドシステムやRPA等HR Techの最適化による給与計算や労務手続きの自動化等、業務の生産性向上そして組織のDX向上を支援している。また、自らも、師事している矢萩ともに、903シティファーム推進協議会を起ち上げ、皆ボランタリーで巡るコミュニティカフェ「田心カフェ@浅草」や「よみがえれ!浅草田圃PJT」を運営する。“共感”を軸とした組織の可能性と運営課題を実感するとともに、非営利組織の事務局サポートメニューを展開し、多様な個の集うコミュニティ創りをサポートしている。

◎本セミナーは、「日光街道 太陽のもとのてらこや」のプログラムの一環として開催するものです。当イベント初日(11月5日(土))にご参加いただく方は会場にて聴講いただけます。
https://hataraku.jinji-es.com/nikkou.html
「未来の新しい”はたらく力”を増やす」というテーマのもと日光街道を舞台に開催する「日光街道 太陽のもとのてらこや」では、フィールドワークをまじえながら五日間に分けて日光街道147キロを歩き進みます(各日参加可)。
プログラムを通して目指すのは、”境を越えてつながりから価値を生み出す”働くかたちを学ぶこと。日光街道沿いの各地域で暮らす、「越境するはたらき方の実践者」「つながりの基点として地域を動かすコミュニティリーダー」「次世代の子どもたちへバトンをつなぐ立役者」「未来思考のはたらき方を自ら実践するロールモデル」に触れながら、自分たちの未来像を描くヒントを見つけ出す経験学習の場です。
日光街道は、未来を見据え国の礎を築いた徳川家康公を始め、農家出身で農業に従事しつつも武士としてさまざまな地域興しを担った二宮尊徳氏、外国人というよそ者の視点から当時の日本の姿を客観的に世界に広めたイザベラ・バード氏など、多くの偉人が足跡を残した道です。俳人松尾芭蕉の紀行作品「奥の細道」にも多く取り上げられ、日本人から愛されてきたこの地域にある、日本の旧くから続く「はたらく」に、これからのはたらくカタチのヒントがあるのではないかと思います。

<お申込み>

    参加日

    2022年11月5日(土)

    会社名

    お名前 (必須)

    フリガナ (必須)

    メールアドレス (必須)

    郵便番号 (必須)

    住所 (必須)

    お電話番号 (必須)

    備考

     

    2019新年会を開催―「未来の新しい”はたらくはたち”を描く」を合言葉に

    ES(Employee Satisfaction 人間性尊重)を大切に経営する地域企業や創造的なはたらき方を実践する皆さんと共に活動を推し進めた2018年を振り返り、未来の新しい”はたらく”を考える場「新年会」を開催しました。

    今年は、第一部で「新春セミナー」として学びの時間を設けました。
    https://blog.goo.ne.jp/jinji-roumu/e/9a6b412f2c6f6a3ce7fc8db8d53d1dc0

    ゲストは、井上広法さん。
    毎年日光街道まるっと学び舎プロジェクトでお世話になっている栃木のY’s tea 根本社長のご紹介でご縁をいただいた、宇都宮にある光琳寺のお坊さんで、著書『幸せに満たされる練習』では”幸せになる五つのステップ”を提唱し、TV番組「ぶっちゃけ寺」には企画から携わるなど、「仏教と心理学の両面から現代人が幸せに生きるヒント」を伝える活動をしている方です。
    今回のセミナーでは、”しあわせ”という概念や”自己肯定感”など、これからの”はたらくかたち”を考える上でキーワードとなるであろうテーマを取り上げ、お話いただきました。

    そして、オリジナル紅茶「IRODORI」のお披露目。
    これは、私たちJESの母体の有限会社人事・労務の創業20周年、そしてJES立ち上げ10周年を記念して、コミュニティのメンバー皆で対話を重ね、Y’s tea 根本社長にブレンドしていただいて完成したものです。
    紅茶の香りが広がる中で、井上副住職には”紅茶瞑想”を行なっていただき、まさにマインドフルな空気に満たされた学び深いひとときとなりました。

    そして第二部は、にぎやかにお食事の部がスタート。
    学生メンバーによる進行のもと、日頃ご縁をいただいている方々と共に、一年の活動をふりかえりました。


    私たちのビジョン「はたらく力増量計画」を推し進める上では、企業が「ESを柱とした組織づくり」でコミュニティ経営(つながり・共感を大切にする経営)を実践していくこと、そして個人が「多様で創造的なはたらき方」を実践していくことが、大切な基軸となります。それによって、働きづらさを抱えた人材が働きやすくなったり、地域から求められる企業として持続的に成長し続けることができるようになるからです。

    今年も、そのようなESマインド・ES経営を実践している方々に「はたらく力増量計画」推進の証としてES推進賞をお渡しさせていただきました。

    テーブルには、軽トラ社労士・小池さんお手製のガトーショコラや、キャリコン瀬戸山農園長による縄文ファームの野菜も使ったビュッフェ料理、更には山口の洞春寺・深野住職からお送りいただいた児童養護施設の子どもたちが大切に育てたお米を使ったという日本酒「日下無双」も並び、まさにいろどり豊かな食卓に。

    この新年会の翌日は、我らがリーダー・Good Job プロジェクト実行委員長の村田さんのお誕生日。
    子どもたちのお仕事体験でもお世話になった春日部の「お菓子の家 スワン」さんのケーキで皆でお祝いし、にぎやかに会を終えました。

    ご参加いただいた皆さん、そして日頃お力をいただいている皆さん、ありがとうございました。
    2019年もどうぞよろしくお願い致します。

     

    日光街道に「ありがとう」「おかげさま」「おたがいさま」の循環を!「Good Job アクション」

    今年で10回目となる経験学習プログラム「日光街道まるっと学び舎プロジェクト」。
    そこでの”歩いた分を、子供たちのワクワクはたらく体験づくりに”というココロミ・Good Job アクションが、CSR専門誌『オルタナ』にて掲載されました。

    昨年、このプロジェクトから算出されたコミュニティ通貨”ワーク”は、今年度、春日部子供の町チャリティフェスティバルや、お菓子の家スワンさんでのお仕事体験「はたラボ」の運営に充てさせていただきました。

    日本橋から日光東照宮までを歩き進む行程は、吉田松陰や松尾芭蕉、渋沢栄一など歴史上の偉人と言われる人たちの足跡が残り、現代においても地域のコミュニティの基点として越境リーダーが数々存在し、学びの要素がたくさん残る道のり。
    大人が仲間と共にその道を歩いた経験をその後のキャリアのための学びに活かした証として、歩いた道のりと参加者の経験値をかけあわせて記録し、”ワーク”に還元します。
    そして、11月10日開催”グリーンフェス”で行なう「はたラボ」や、その後の日光街道沿いの地域の中での子供たちの体験学習や社会参画の機会に使うことができる、というしくみです。

    私たちの活動の舞台である日光街道に「ありがとう」「おかげさま」「おたがいさま」の循環を!

    今年も多くの皆様のご参加・ご協力をお願い致します。

     

    「子供の町チャリティフェスティバル」が7月8日に行われます

    春日部ふれあいキューブにて、「子供の町チャリティフェスティバル」が行われます。

    このイベントは、「もっと知ろう 児童養護施設」をテーマに埼玉県オレンジリボンキャンペーンの一環として開催されるものです。
    そして、69年前に設立された児童養護施設・子供の町(春日部市西親野井)を地域のみんなで応援しよう!ということで、市内のさまざまな団体・企業・店が集まり、”聴く・見る・遊ぶ・買う・食べる”とたくさんの楽しみが詰まった場を創りあげています。
    0708

    私たちJESも、ご縁あってお声がけいただき、運営に参画させていただいています。
    当日は、「遊ぶ」エリアを担当。

    ●はたらく体験ラボ
    :こどもたちのお仕事体験@ふれあいキューブ。今回は、「八百屋」「本屋」「おもちゃ屋」がオープン!
    有機無農薬のお野菜販売や、絵本販売、そしてガチャガチャも!
    にぎやかにおもてなし致します(^^♪
    ●あそび場
    :当たればお菓子すくいができる「射的」、リアル「ミッケ」、折り紙など体験など、てづくり遊びコーナー

    学生メンバーと共に、「はたらくとあそぶ」が融合した楽しい一日を創りあげたいと思います。
    「子供の町チャリティフェスティバル」、皆さまのお越しをお待ちしています!
    0708②

     

    「はたらくワクワク」を育む!はたラボ@春日部を開催

    昨年からグリーンフェスで取り組んできた「はたラボ」。
    今回から地域に飛び出し、つながりの基点として地域に価値を循環させている経営者の皆さんに協力いただいて、日光街道を舞台とした「はたラボ」を展開していくことになりました。

    初回の協力企業は、お菓子の家「スワン」さんです。
    春日部の梨など地のものをおいしく盛り込んだ甘いお菓子を”藤の牛島”駅近くのお店でつくり販売しています。
    お菓子の家 スワン

    お菓子屋さん(パティシエ)と言えば、いまも”子供が将来なりたい職業ランキング”では必ず上位にランクインする仕事です。
    今回は、お菓子づくりが初めての子、やったことあります!と言う子、そして将来お菓子屋さんになりたいという子など、5名の皆さんが集まりました。

    エプロンと三角巾で身支度を整えて、大学生のお姉さん(インターン生)の進行のもと、チェックイン(自己紹介・今の気持ちをひとこと)からスタートです!

    DSC_1185
    まずは、スワン石川社長から、お菓子のつくり方やポイントをご説明いただきました。
    DSC_1218

    そして、スタッフの方にもナビゲートいただきながら、プロの道具をつかってお菓子づくりスタート。

    「参加してくれたみんながまた自分でお菓子をつくれるように」と、子どもたちがチャレンジしやい市販の材料を活用したメニューを準備してくださり、”ロールケーキ””クッキー””ゼリー”という三つのスイーツに取り組みました。

    「なにか質問ありますか?」と問いかけても最初はもじもじしていた参加者の皆さん。

    でも、しばらく経つと、自分から「やります」と手を挙げたり、一生懸命メモをとりながら石川社長に質問をしたり、どんどん参加する姿に変化がみられるようになりました。

    約2時間の後、完成したお菓子たち。
    DSC_1253

    外のテラスでいただくお菓子のなんておいしいこと!
    皆でもぐもぐと頬張りながら、スワン石川社長への質問タイムです。

    DSC_1264
    お菓子をつくる上での心がまえ、どういうおもいで普段お菓子づくりをしているのか、なぜスワンを始めたのか、などをお話いただきました。

    「これから社会人になるまでの過程で、もし、ちょっと話をしたいな、ちょっと話を聴いてもらいたいな、ちょっと将来のことを考えたいな、そんな時が来たら、このスワンを思い出して、ぜひまた顔を出してください。」

    学校ではなくお家でもない、地域のつながりの基点というサードプレイスだからこそ、これからの”ワクワクはたらく”の源がたくさん生まれています。
    そして、このようなまちなかのサードブレイスにいる”カッコよくはたらく大人”の存在が、将来のはたらく上での選択肢を広げてくれるかもしれません。

    子どもたちがこの場に身を置くことで、少しでも気持ちがほんわかしたり、前に進む勇気が出たり、そんな”まちなかの居場所”と出会えるような機会を、これからも創り出していきたいと思います。
    DSC_1203
    私たちの活動では、「経験学習」の手法を取り入れています。

    体験してみてどうだったのか。体験する前と後とでどういう点が変化したのか。
    そのような自分の心の動きと向き合いながら、体験した学び・気づきをこれからの生活に活かしていくこと。
    そして、ここでの体験が、将来の「はたらく上での視野や選択肢」を広げる心の火種になること。

    そんなことを考えながら、このはたラボをこれからも続けていきたいと思います。

     

    ご縁をいただいている皆さんと共に、2018年新年会開催-2

    新年会の第二部は、懇親を深める時間。

    まずは、春日部と浅草をつなぐ縄文ファームの場をいただき、いつもお世話になっているおづつみ園・尾堤社長からご挨拶をいただき、皆で「かんぱい!」。
    地域企業として、”日本で大切にしたい会社”として、ES経営を実践するおづつみ園さんには、今回ES推進賞をお渡しさせていただきました。
    27946117_1535929816502243_287260963_o
    にぎやかに時間が過ぎてゆく中、
    27946265_1535943326500892_62836816_o
    活動紹介のパートでは、日頃お力をいただいている皆さんからテーブルスピーチ。

    ”多様で創造的なはたらくカタチ”の実践者でもある903シティファーム推進協議会からは、矢尾板委員長と大竹農園の大竹さん。
    27950364_1535939796501245_1641148953_o
    越谷で子ども食堂を運営し、各地域の子ども食堂をつなぐ活動を推進するNPO地域こども包括支援センターの野口代表。
    27999852_1535940243167867_855048825_o
    初めて参加いただいた社会福祉士の中村さん。社労士分野・社会福祉士分野の協働はこれから不可欠ですね。
    27989994_1535943316500893_2099813471_o
    高橋君をはじめ学生たちとの縁をくださり、地域企業でのインターンも推し進めている埼玉学園大学・柴田先生。
    27901538_1535943323167559_1463344172_o
    児童養護施設や定時制高校等の若者たちの就労支援に取り組む、フェアスタートの永岡代表と平沼さん。
    27901766_1535943313167560_526297839_o

    さまざまなご縁のおかげで存在する「はたらく力増量計画」の活動。
    27906257_1535925049836053_1733777652_o
    そのご縁に感謝し、次世代の若者・子どもたちが希望や可能性を感じながら社会を歩んでいけるように”セキュアベース(心理的安全性がある場)”として役割を果たしていきたい。
    JESの立ち上げから10年目を迎える今、改めて強く感じています。

    ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

     

    ありがとう・おかげさま・おたがいさまの循環を生み出す「Good Job アクション」

    いよいよ「Good Job プロジェクト2017」本番が近づいてきました。

    今年は、「Good Job アクション」というしくみに取り組みます。
    Good job
    これは、
    ◎11月3日スタートの”日光街道まるっと学び舎プロジェクト”に参加してくださる皆さんの”歩みとつながり”の数を記録
    ◎その記録を当協会のコミュニティ通貨「ワーク」に換算
    ◎12月2日開催”グリーンフェス”で行なう「はたらく体験ラボ(子どもたちのお仕事体験)」にて、はたらいた証として子どもたちに「ワーク」を付与
    ◎「ワーク」は、グリーンフェスブース内で使えるほか、その後の地域の中での体験学習や社会参画の機会に使うことができる
    というしくみです。

    Good Job プロジェクトの舞台は、日光街道です。
    この日光街道に「ありがとう」「おかげさま」「おたがいさま」の循環を生み出す媒介としてコミュニティ通貨・ワークを活用します。
    協賛団体・企業様や参加者の皆さんからいただいたお気持ちに、実際の歩数とつながり数(街道沿いでのSNS投稿数)をかけ合わせ、ワークの原資とさせていただきます。

    皆さんの”歩みとつながり”が、次世代のこどもたちの「はたらくワクワクの根っこ」を育みます。
    ぜひ、多くの皆さまのご参加・ご協力をお願い致します。

     

    ご縁とおもてなしのまちの素養<日光街道 × 未来のはたらく フィールドワーク三日目①>Good job プロジェクト2017

    11月の「日光街道まるっと学び舎プロジェクト」に向けて、運営チームでフィールドワークを行なっています。
    三回目のこの日は、本番三日目(11月11日(土))を想定し、栗橋をスタートしました。

    21469658_1395516043876955_1392907254_n

     

    昔ながらの街並みが残る栗橋は、ちょうど遺跡の発掘中。
    まさに栗橋宿の本陣跡を発掘しているところでした。

    21552325_1395516220543604_1500361719_n

    東北と江戸をつなぐ陸運だけではなく、水運の基点でもあった栗橋。その名残に触れて興奮しながら利根川へ。
    穏やかな水の流れに木舟が乗っかって江戸方面へ進んでいく光景を想像しながら、橋を渡りました。

    古河に入ってしばらく歩いていると、トラックから手を振る男性が目に入ります。

    「何やっているの?」と威勢よく話しかけてくださるこの男性としばし会話。
    そして休憩をはさんでまた先に進んでいると、再びトラックが。
    「これ」と窓から差し出された手には、飲み物が!
    差し入れでした。

    21475925_1395516250543601_559373759_n

    ちょうど太陽が真上になり、じりじりと光を浴びていた私たちには、何ともうれしいエネルギーチャージ。
    心も体も満たされて、男性に手を振りながら、歩き出しました。

     

    ひたすらに一本道を歩くと、古河駅前へ到着です。
    毎年お世話になっているお茶の鈴木園さんの店内へ入ると、「さっき歩いていた人たちだ!」
    お茶を買いに来ていたご夫婦が、声をかけてくださいました。

    今日の下見のことやイベントのご案内をしていると、「暑いからどうぞ」と、鈴木園さんのソフトクリームをくださることに。
    夏の下見の際、毎回私たちがひそかに楽しみにしている鈴木園さんのアイスクリームですが、今年はパワーアップして抹茶ソフトが仲間入りしていました。
    それをおごってくださることになり、恐縮しながらもありがたくいただきながら、店内の”茶の間”でお話。

    21476006_1395516290543597_567716783_n

    まさに鈴木園さんが掲げる「日本茶飯事(毎日お茶を呑みお米を食べる日常茶飯事~日本人としての家庭(生活)というスタイルを過ごす)」の言葉の意味を実感しながら、今暮らしているまちのこと、ここ古河のこと、地元のこと、など、さまざまな地域での暮らしについてお話しました。

    愛着ある地域のことを話すひとときは何だか心が豊かになります。

    このイベントを通してそのような愛着ある地域・場所が増えていくことのありがたさを感じながら、このご夫婦を見送り、鈴木園さんをあとにしました。

     

    古河のまちなかに点在する道標を確認しながら、目指すは野木神社。
    毎年ごあいさつさせていただいているご縁の場所です。

    その野木神社の手前、毎年通り過ぎる街道沿いの結婚式場が実は当協会メンバーにゆかりある場所というのを知り、記念撮影だ!などとワイワイやっていると、自転車に乗った女性が立ち止まって声をかけてくださいました。
    どのようなイベントなのか、なぜ今日歩いているのか、などお伝えしていると、私たちの協会名にもある「ES」にも関心を持ってくださり、しばしお話したあとに記念撮影をしておわかれしました。

    21469732_821722274654544_28502758_n

    関心をもって応援してくださる方がいることがこんなにもうれしいのかとしみじみ感じながら、野木神社に向かって歩いていると、今度は当の協会メンバーが車でサプライズ登場。

    21433161_1418212978268721_4252359274416924153_n
    さらに、途中合流予定だったメンバーも野木神社に集まり、「ご縁とおもてなしのまちの素養」について半日を振り返りながら、小山へ向けて出発したのでした。

    21552878_821722217987883_319592311_n

    車通りが激しい都心の街並みが変化し、田畑によって描かれたローカルな街並みに変化する春日部から、杉戸、幸手、栗橋、古河、そして野木という行程は、まちの歴史・文化の厚みや暮らしている方々の愛着心の強さを感じる道のりでもあります。
    道にゴミが落ちていないこと。
    道端の草花がよく手入れされていること。
    のぼりをみて声をかけてくださる方が多いこと。
    何か一つ尋ねるとその二倍も三倍もたくさんのことを教えてくださること。
    そして、自分のまちのことを楽しそうにうれしそうに話す方が多いこと。

    この日光街道まるっと学び舎プロジェクトに取り組んでいると、それぞれの地域には、「新しいものを受け入れ変化しながらも、ぶらさない何かを大切に持っている”まちの素養”」というものがあると感じます。
    越境する私たちヨソモノをまずは受け入れてくださり、関心をもってくださり、何かをつなげてくれるまちの人たち。
    今回フィールドワークで歩いた行程は、まさにその”まちの素養”がある道のりであったと言えます。

    21552571_821722331321205_149840264_n

    ご縁をいただいた皆さん、ありがとうございました。

     

    2017年JES新年会<第二部>つながりを深め、広げ、未来へ。

    2月10日、遅めの新年会となりましたが、
    総勢50名もの濃いつながりの方々にお越しいただき、
    無事に、感謝をお伝えする場を持つことができました。

    今回も、大幅に会の時間は伸びてしまい、
    皆さまにはご迷惑をおかけしてしまいましたが、

    第一部の児童養護施設「子どもの町」の根岸施設長のお話や、

    903シティファーム推進協議会の石渡さなえさんがコーディネートしてくれた
    アルパカ縄文ファームで収穫した野菜を活かした料理、

    料理_n

    さなえちゃん料理n

    絵本作家の光丘先生とソーシャルアクション基金の支援先でもある
    シーホース音楽福祉協会の倉持さんの絵本の読み語りと即興ピアノ演奏のコラボなど、

    光丘さん_n

    倉持さん_n

    いつもグリーンフェスなどのプロジェクトでお世話になっている尾堤社長のご挨拶や、
    尾堤社長

    顧問でありCSRの第一人者である横浜市立大学の影山先生のご挨拶、
    kageyamasensei

    グリーンフェスにも出店していただいた志村酒店の志村さんにソムリエとして
    ココファームのワインを紹介していただいたり、
    志村酒店

    つながりある方々と場を共に創りあげることができました。

    未来のはたらくカタチを考える。
    それは私たちだけでなく、それぞれ皆さんの視点から、
    それぞれのおもいを持ち寄って、なし得ることなのかなと思います。

    そして、今年の表彰ですが、
    〈ES推進賞〉
    こいけ経営労務管理事務所 小池誠二さん
    石井造園株式会社 石井直樹社長
    石井社長_n
    903シティーファーム推進協議会 矢尾板 初美さん
    jushouegao _n
    以上の3名の受賞となりました!

    2016年のみならず、これまでの(一社)日本ES開発協会の活動を多いに盛り上げ、
    支えてくださった皆さん。この場を借りて、改めて、ありがとうございます。

    そして、今年は〈ES推進大賞〉も!
    今年のES推進大賞は、、、小池さん!
    小池さん大賞n

    いつも、プロジェクトの前の準備や畑の指導など、
    様々なところでお世話になっていて、
    まさに、その存在がJESの象徴ともいえる、安心感のある小池さんです。

    また、今年は、ソーシャルアクション基金の立ち上げを記念して、
    〈ソーシャルアクション推進事業大賞〉を新設しました。
    受賞者は、
    シーホース福祉音楽団 倉持さん
    賞状 倉持さんn
    ca37 三輪健郎さん
    佐藤さん賞状o
    以上の2名になります。
    次の世代を担う子供たちの未来を明るく照らす、
    そんな2団体の活動に、更なる期待も込めて、
    矢萩会長からのお祝いと、ありがたい記念品(?)のにんにくんを贈呈。

    2016年のインターン生上田さんも活躍してくれました。
    学生の存在は、やはり大きいですね。
    uedasan

    あらためて、つながりの中で成り立っている団体だなあと、実感します。
    関わってくださる皆さまのおもいや期待を無駄にしないよう、
    チャレンジを続けないといけないとなと実感します。
    2017年、今年も一般社団法人日本ES開発協会をよろしくお願い致します。